高知の朝市・観光名所「日曜市・火曜市・木曜市」に出店しています。しらす・ちりめんじゃこ・干物の専門店 土佐の海産物屋 中田遊亀商店

しらす/ちりめんじゃこ/干物/煮干の販売 高知の海産物を通販・お取り寄せ!中田遊亀商店 店舗案内 ご利用方法 商品一覧 送料、お支払い方法 よくある質問 お問い合せ 通販法表記 サイトマップ

高知の名産品・特産品が並ぶ土佐の街路市「高知の日曜市」 〜三百年の歴史を持つ日本一の街路市〜

「高知の日曜市」南国土佐、高知の名産品・特産品が並ぶ土佐の街路市 〜三百年の歴史を持つ日本一の街路市〜

日曜市情報サイト   日曜市の出店場所(アクセスマップ)   火曜市の出店場所(アクセスマップ)   木曜市の出店場所(アクセスマップ)




日曜市から高知城を望む高知県高知市には全国でも数少ない、曜日ごとに開かれる街路市があり、月・水・土曜日を除いて火(上町4-5丁目)、木(県庁前)、金(愛宕町)、日(追手筋)に市内各地で開催されています。
※以前は水曜市(百石町)、土曜市(上町3丁目)も開催されていました。

街路市の誕生は今から約300年前の元禄3年(1690年)江戸時代のことで、四代藩主山内豊昌公が開設日と場所を決め、定期市となったのが始まりです。当時は日によって開催される日切りの市でした。
それが曜日ごとの市となったのは太陽暦が導入された明治時代のことで、明治9年にそれまでの市がまとめて、本町1-2丁目で日曜日に開かれることとなり、これが現在の高知を代表する「日曜市」の始まりとなりました。
その後、日曜市は同37年路面電車開通に伴い帯屋街筋に移転し、昭和23年に現在の場所である高知城下町の追手筋に定まりました。

朝市ではなく日の出から日没近くまで開かれており、ありとあらゆる高知の名産品・特産品が取り扱われ、土佐弁の飛び交う人情味あふれる素朴さで、土佐の台所はもちろん、高知を代表する観光名所の一つとなっています。
また、高知ならではの地元食材が新鮮・安全・安価に生産者直売で揃えられることから、テレビ番組やグルメ誌・ファッション誌でも取り上げられるなど、近年様々な業界から注目されています。


高知市発行ガイドブック 「土佐の日曜市」 秋冬編・春夏編


ガイドブック「土佐の日曜市」「土佐の日曜市」の全てがこの一冊に。
色鮮やかなカラーページで活発な日曜市の雰囲気が良く伝わってきます。

これを読むだけで日曜市のお買物が10倍楽しくなるかも?

県内の旅館・ホテルをはじめ、各観光案内所にて読むことができます。
高知市内書店でも市販されていますので、観光でお越しになる際はぜひご覧ください。

〜老舗しらす屋・中田遊亀商店も紹介されています!〜
人気店・生産者特集で、当店はちりめんじゃこの製造元として、取材・紹介していただきました。

日曜市ガイドブックは高知市のホームページよりダウンロード出来ます。
>> 日曜市ガイドブックのPDF版ダウンロードはこちらから <<


中田遊亀商店は海産物専門店として 「土佐の街路市(高知の日曜市・火曜市・木曜市)」 に出店しています。


中田遊亀商店は昭和60年より、ちりめんじゃこ、干物、煮干などの高知の海産物専門店として「土佐の街路市」に出店しています。
出店曜市は日曜市、火曜市、木曜市で、地元はもちろん、全国各地のお客様に土佐の誇る新鮮・美味しい海の幸をお届けしてまいりました。
当店のお客様は皆さんお魚に“こだわり”を持った目利きの方ばかり。当店もいつも最高の品をご提供できるよう努めております。

高知の日曜市:早朝から新鮮な品が並びます 高知の日曜市:こだわりを持ったお客様が多いです 高知の日曜市:干物は午前中には売り切れてしまいます
朝は一番混雑、早朝から新鮮な品が並びます さすが高知、魚にこだわりを持ったお客様が多いです 主な人気商品は午前中には売り切れてしまいます


“こじゃんと旨い”と好評です!! 今が旬の当店一押しお薦め商品


一口食べるとついつい一言「こじゃんと旨い!」。海の幸の揃う土佐・高知ならではの、今の季節人気の商品をご紹介します。
※「こじゃんと」とは?…土佐弁で「とても・凄く」を意味する最上級の表現。「こじゃんち」とも言う。

釜揚げしらす(しらす干し)製造風景

美味しい鯵(あじ)・鯖(さば)干物は高知にあります。干物 通販 中田遊亀商店

釜揚げしらす
「釜揚げちりめん(しらす)」


かちりちりめんじゃこ
「かちりちりめんじゃこ」


あじ干物
「あじ一夜干し干物」


さば干物
「さば一夜干し干物」


さんま味りん干物
「さんま味りん干物」
まぐろ味りん干物
「まぐろ味りん干物」
タチウオ味りん干物
「タチウオ味りん干物」
うるめいわし丸干し
「うるめいわし丸干し」

まだまだ沢山のお薦め商品があります! ぜひ高知の日曜市・火曜市・木曜市へお越しくださいませ♪
>>> 毎週更新の売れ筋人気ランキングはこちら <<<



土佐の街路市(高知の日曜市/火曜市/木曜市)では私たちが販売しています!


高知の日曜市 出店風景 街路市店主 吉本ゆう子土佐の街路市店主の吉本ゆう子です。
高知県は山・川・海に囲まれた自然豊かな場所にあり、食べ物もとっても美味しいところです。
そんな高知の名物が沢山揃うのが「土佐の街路市」。当店は広大な太平洋に面した高知ならではの海産物専門店として、長年に亘り出店しております。
人気商品は午前中には売り切れてしまいますので、ぜひ早起きして、お早めにご来店くださいませ。

WEB店主 吉本幸司当店代表の吉本幸司です。
街路市の中でも高知の魅力が一番詰まっているのが約500店舗が軒を連ねる「日曜市」。
1週間の中で最も人気店が集まる日曜市は、まさに高知の台所、高知の本物の味がここにはあります。
昔ながらの土佐弁の飛び交う情緒溢れる市は、ぶらり歩くだけでも楽しいものです。
ぜひ“南国土佐”高知を体感しにお越しください。


名物「しらすのだし汁」は土佐の街路市(高知の日曜市・火曜市・木曜市)でのみ販売しています!


当店名物「釜揚げちりめん」の美味しさの秘密「しらすのダシ汁」 当店名物「釜揚げちりめん(しらす)」の美味しさの秘密として紹介している「しらすのダシ汁」。
しらすの旨味がたっぷり染み込んだダシ汁は、お煮物やお吸い物、おひたしなどに大好評です。
「土佐の街路市」のみの販売で数に限りがあるため、いつも開店1時間程度で売り切れてしまいます。
地元でもグルメな方だけが知っている貴重な一品。街路市店へお越しの際はぜひ一度お試しください。
ちなみに無添加のため傷みやすいので、すぐに製氷皿などに入れて凍らせるか、濃口醤油と一緒に一度煮立たせ、冷蔵保存してご使用ください。

>> 「しらすのだし汁」について詳しくはこちらをご覧ください♪


土佐流に楽しむなら “酢みかん” は欠かせません!


出来たてしらす・ちりめんじゃこと酢みかんセット ちりめんじゃこを「しらす丼・ちりめん丼」や「おかずじゃこ」として楽しむ時にお薦めなのが“酢みかん”です。
高知には季節により柚子、酢橘、仏手柑、直七など様々な酢みかんがあり、土佐流にしらす・ちりめんじゃこを食べるなら欠かせない食材。果汁を搾ったり、風味付けに果皮をおろし金で擦ったりして使います。
本格的な土佐流しらす丼・ちりめん丼を楽しむならお醤油を少しに酢みかんをたっぷりと。ぜひお試しください。

>> 詳しくはこちらの「出来たてしらすとじゃこの酢みかんセット」をご覧ください♪


中田遊亀商店 「土佐の街路市」(高知の日曜市・火曜市・木曜市) 出店場所はこちら♪


■日曜市(高知市追手筋)

【出店時間】 午前8:00〜午後4:00
【出店番号】 172
【市店主名】 吉本ゆう子

日曜市 街路市風景【日曜市までのアクセス】
蓮池町通電停から西へ直進、旧ワシントンホテル先の交差点手前、南側に中田遊亀商店は出店しています。
日曜市は南北2列に各店が軒を連ねていますが、当店は南列となります。
日曜市 地図 出店場所

日曜市への詳細なアクセスマップはこちら >>

■火曜市(高知市上町4丁目)

【出店時間】 午前8:00〜午後1:00
【出店番号】 60
【市店主名】 吉本ゆう子

火曜市 街路市風景【火曜市までのアクセス】
上町4丁目電停を南へ直進、高知整形外科病院交差点のすぐそばに中田遊亀商店は出店しています。

火曜市 地図 出店場所

火曜市への詳細なアクセスマップはこちら >>


■木曜市(高知県庁前)

【出店時間】 午前8:00〜午後4:00
【出店番号】 61
【市店主名】 吉本ゆう子

木曜市 街路市風景【木曜市までのアクセス】
県庁前電停から南へ直進、一つ目の交差点手前、東側に中田遊亀商店は出店しています。
木曜市は東西2列に各店が軒を連ねていますが、当店は東列となります。

木曜市 地図 出店場所

木曜市への詳細なアクセスマップはこちら >>

主な商品は午前中にほとんど売り切れてしまいます。
街路市へお越しのお客様は、午前中のご来店をおすすめいたします♪



高知の日曜市(土佐の街路市)まめ知識


日曜市の風景その1.街路市の朝は早い
日曜市(土佐の街路市)は朝市ではなく日の出から日没まで開かれる終日市。
しかしながら街路市の朝は早く、人気商品などはほとんどのお店で午前中に売り切れるほどです。
午後から街路市に来られるお客様の中には、「あれ?品揃え少なくない?」と思われる方も多くいらっしゃると思います。
当店も干物、ちりめんじゃこの多くは正午には売り切れてしまいます。
街路市へお越しの際は、ぜひ早起きしてみて下さい。きっと色んな美味しいものに出会えますよ。

火曜市の風景その2.火曜市の出店場所は川の上
街路市は車道、歩道など各曜日様々な場所で開かれています。
中でも特徴的なのが火曜市で、他の曜日市とは違い、幅1.5mほどの川の上に各店が木板で橋を渡し、その上に出店しています。この水路は藩政時代からの名残りで、とても歴史のある水路です。
街路市の下には鯉やツガニが生息、夏は何とも涼しげな街路市となります。
難点なのが、川の上ということもあり、お金を落としてしまうこともしばしば…。
お金の取り扱いには注意しましょう。

街路市の裏通りをチェック!その3.お店の奥、裏をチェック
お店の奥や裏に商品の空箱やコンテナが沢山積んであるお店は、それだけ売れている、人気店の場合が多いです。
その他、宅急便の荷物が沢山積んであるお店も要チェックです。
日曜市へお越しの際はぜひ市の裏通りも通ってみてください。


高知の日曜市情報、まだまだあります!


各種SNSで情報配信中

日曜市のfacebookページ

日曜市のtwitter

日曜市のinstagram

日曜市のブログ

街路市出店者グループがリアルタイムで情報更新しています。
おすすめ商品の紹介やお得なクーポン情報も。
週末は情報満載「週刊日曜市」も配信しています。
ぜひフォローして、お買い物にお役立てください♪

↓↓↓ 「高知の日曜市」の情報をもっと詳しく、こちらもご覧ください ↓↓↓
高知の日曜市情報はこちら!